イギリス 会えない日々

外出自粛中なのに、以前よりもお互いの距離が近くなったように思える。手作りの布マスクを贈り物にすることで、住民同士の交流が増えた。私たちは、素晴らしいストーリーや美味しい料理を分かち合い、尊い命を守るため、共に菜食を呼びかけた。 私は、ロンドンから車で二時間ほど離れたイギリス中部ウスターシャー州にあるマルバーンという町に住んでいる。今年二月中旬、イギリス中部は二度も猛烈な暴風雨に見舞われた。私たちは被災状況の視察と共に、被災者を見舞った。その三週間後、急速な勢いで新型コロナウィルスがイギリス全土に蔓延し、暫くの間コミュニティ内の慈善活動に「ストップ」がかけられた。同時に、外出及び集団活動への自粛が呼びかけられた結果、水害支援も一段落を告げた。 スーパーの食品と日用品は、不安と恐怖にかられた人々によって一掃された。 三月十九日、私は大型ショッピングセンターで買い物をしていた際、普段ならこの時刻になると、学校帰りの子供連れの人をよく見かけたものだが、その日は数えるほど僅な年配客が諦めきった顔をして、売り切れて空になった保存食品・缶詰・冷凍食品の棚の間をうろうろしている姿を見かけただけだった。 三月二十三日午後八時半、ジョンソン英首相はロックダウンを宣言した。だが、それは商店の営業停止に限られ、スーパーマーケットで買い物をすることはでき、在宅勤務で外出を自粛したり、集会を控えたりすれば、人々の行動はまだかなり自由だった。しかし、ヨーロッパ人にマスク着用習慣がないことに懸念を抱かせた。 イギリスは、突然のウィルス到来に不意を突かれ、一部の学校では教員に感染者が出たにもかかわらず、政府は学級閉鎖に踏み切らなかった。そのうえ、学生の多くはマスクがなかったため、一層不安を掻き立てられた。アジア出身の学生が故郷の両親に助けを求め、その両親が慈済ボランティアに支援を求める例もあった。