海を渡ってあなたに会いにきました

「ドナーは一九八一年生まれの台湾人男性です」という朗報がもたらされ、首を長くして造血幹細胞の寄贈を待っていた趙鴻雁さんの胸に希望の光が灯った。「彼は一九八一年生まれで、私は一九八三年生まれ。じゃあ二歳年上のお兄さんだ。身長が百八十センチで、体重が百キロだといいな」。遼寧省大連に住む趙さんは自分が一人っ子なので、ドナーの彼を実の兄のように慕っていこうと決めていた。 中国は二〇一九年八月から台湾への個人旅行を見合わせているが、趙さんは万難を排して、遠路はるばる遼寧省大連市から台湾にやって来た。そして十月十九日のその日に五年間思い続けた「命の恩人」と対面した。この数年間の家族全員を包んでいた暗い気分が一気に消えた。 

●台中静思堂で行われた「影のように離れ得ぬ愛」と題した骨随授受者対面式。趙鴻雁(右端)は林哲謙(右側から2人目)とその家族の骨髄寄贈同意に感謝した。

思いを寄せていたから、距離は問題ではない

趙さんは、骨随授受者対面式の前日に台湾に着き、翌日は元気な姿で謝意を表そうと思い、睡眠導入剤を一粒飲んで早々と八時に寝た。翌朝シャワーを浴びて化粧をし、最も良い状態で、適合する血液が流れる「台湾のお兄さん」に会う準備を整えた。 彼女は、「お兄さん」が自分より二歳年上だということしか知らず、勝手に兄の体重が百キロだと推測していた。というのも、提供する造血幹細胞の量はレシピエントの体重に基づいて正確に採取されるため、彼がたくましい体格であれば、気が咎める気持ちが少しは和らぐからだ。 「髄縁」の奇跡を見届ける瞬間が間もなく到来しようとしていた。痩せ型で背が高くハンサムな林哲謙さんは妻子と母親を伴って観客席の中から立ち上がった。既にステ―ジに上がっていた趙さんは途端に跪き、林家の人に向かって三回跪拝した。彼女によると、後の二回の礼は一緒に来る縁がなかった両親の代わりにしたのだそうだ。 今回の台湾への旅は、もし中国の中華骨髄バンクと赤十字社の仲介がなければ順調に実現しなかっただろうが、それでも最終的には彼女一人しか来ることができなかった。